akiz

蜻文庫ホーム いしいひさいち著『たまのののののちゃん』2024年3月3日発売開始!

更新日:2024年5月21日(ほぼ毎週火曜夜更新します)

 

《TOPICS》

ご案内です!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

いしいひさいち著

『たまのののののちゃん』2024年3月3日(日)より好評発売中!

リアル書店やネット書店でご注文ください

ROCA - ストーリーライブ』や『ガラクタの世紀』と同じ判型です。

定価1,210円 A5サイズ 152頁 コミックス(書籍)

ISBN 978-4-904789-12-4 取次:地方・小出版流通センター

『たまのののののちゃん』紹介頁へ  

「(笑)いしい商店」でも紹介していただきました!

*あきづ文庫にご注文いただく場合は こちら をご覧ください。

 

いしいひさいち著『ガラクタの世紀』も一緒にいかがでしょうか? こちらの通販はあきづ文庫のみ!

定価1,000円

「(笑)いしい商店」内『ガラクタの世紀』紹介ページへ 

ご注文は こちら をご覧ください。

 

 

岡山市のコレクターズショップ「映画の冒険」でも花の雨が降る『ROCA - 吉川ロカ ストーリーライブ』店頭販売しています。是非お立ち寄りください。「映画の冒険」=700-0026 岡山市北区奉還町3丁目1-30 ラ・リュ奉還町1F(基本、水曜休だそうです)  tel&fax : 086-252-7606

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -ご案内でした!

2024年5月21日(火)new

 「(笑)いしい商店」にて『スクラップスチック2』の予約受付が始まりました! 東京のコミティアには行けないので通販していただけるのは嬉しいです。『2』は「純ナンセンス作品のみで構成」とのことです。どんな構成になっているのか楽しみです。 公式HP新着は「忍者無芸帖」の4コマです。確かにこれは間違いないでしょうね。うまい作戦です。続きがありそうな気がしないでもないですが。週めくりカレンダーのシュッとしたまつ子さん、良いですねー。 髪型といい、口元といい、本人から離れすぎないこの塩梅!

 

 去年は「観測史上最も暑い夏」だったそうです。過ぎてしまえば「そうだっけ?」という感じですが、今年も暑くなるそうです。沖縄・奄美は梅雨入りしたとのこと。雨が降り過ぎませんように。

 

2024年5月14日(火)

 今日、『熱風』5月号届きました。いしいひさいち著「Never Let Me Go」というタイトルで、あの印象的なカットにもうひと組のこのような物語が隠されていたとは。「バカ」にどんな呪文が隠されているのか気になりますが、最後のカットはググッと迫ってきます。一方、「(笑)いしい商店」の「ニコマン」では、本当にかわいいアイドルの表情がいいですね。その理由が理由なだけに。

 『スクラップスチック2』が「(笑)いしい商店」で販売されるとのこと! 予約受付が来週の火曜日からということで、来週の作品は見ないようにして(来週の楽しみにしたいので)カレンダーにチェック入れ完了です。楽しみです!

 

 「劇症型溶連菌」なる感染症があり、致死率3割だとか。目に見えないところでも様々な攻防があって私たちはかろうじて生きているわけですね。結局のところ、ちゃんと寝て、あらゆる筋肉を動かして、あとはバランス良く腹八分目で食べる、で対抗できたらラッキーということでしょうか。

 

2024年5月7日(火)

 GW終わりました。これから梅雨になるし猛暑も予想されるのに7月15日(月)まで祝日がありません。何の祝日だったかはさておき、今年は5月病の人が増えるかもと新聞に出てました。10連休だった皆様、大丈夫でしょうか? ……なんて、ちょっと羨ましい気持ちを表現してみました。

 「(笑)いしい商店」は「ニコマン」です。奥でテレビをつけたまま新聞を読む熊じゃない人の縦線と口元がいかにも頑固そうで、思い当たる人の顔が複数あります。若い頃、どう思っていたか を思い出してくれないかな……。おっと、私もそう思われているかも。カレンダー、先週見たのが今週分でした。時々2枚めくってしまってまして、画しか見ていないことに気付きます。これは、天狗山に登っているはずなのに?ってことでしょうか?

 

 『たまのののののちゃん』を宣伝していただこうと献本した方から「いやぁ、面白くって職場のみんなで回し読みしましたよ!」と。楽しんでいただけてとても嬉しいのですが、できればご購入いただきたいところなんですけれども……。ご購入いただいた皆様、本当にありがとうございます! 『ガラクタの世紀』もご好評いただいてます!

 

2024年4月30日(火)

 『小説新潮』におけるいしいひさいち著「剽窃新潮」、「ふたつ持ってかれるのか」ということはどれも面白い案なんですね。いつも良い案が思い浮かばずモゴモゴする身には羨ましい。広岡センセの苛立ちがわからなくもないような。

 「(笑)いしい商店」は「スクラップスチック」です。こう来たか! 猫にミケは良いとして、なんで「長沢」なのか?! 今週のカレンダー、どういうことなんでしょうか?

 

 NHKの番組によりますと、SNSで流れているニセ広告を全て削除するのは大変なことのようです。仕組みは詳しくわからなかったのですが、AIも使っているけれどやはり人手は必要で、長時間ひどい画像を見続けて病んでしまい自殺した人もいるのだとか。会社は「休みながらやるように」と言うけれど休んでいたら生活が成り立たないという労働環境のようです。何にしても新しい便利な生活の裏でも常に搾取されている人たちがいるということなんですね。

 

2024年4月23日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 山陽放送(RSK)ビルで「海洋ごみゼロ宣言」のために働くののちゃん。左の壁画は岡本太郎の作品です。元々岡山駅に通じる地下街に展示されていたものですがRSKビルが新築された時に移されました。なかなかのツーショットです。

 

 「(笑)いしい商店」は「スクラップスチック」です。なるほど、物事はその背景まで見ないとほんとのところはわからないってことですね。週めくりカレンダー、狂気的な目つきからしても、ののちゃんいっぱいいっぱいなんですねー。

 

 3カ月後に新紙幣が発行されるに当たって、詐欺に引っかからないようにと注意喚起されています。旧紙幣も使えるのに「使えなくなるから新紙幣と交換する」と言って旧紙幣を送らせるというようなことがありそう、とのことです。 キャッシュレスが広がる中、新紙幣の偽札防止技術には目を見張りました。

 

2024年4月16日(火)

 『熱風』4月号届きました。ROCAちゃんの『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』聴いてみたいです! 「おお、こんな曲があった!」と思ってネットでドリス・デイのを聴きました。うまいなぁ……。『パサデナのおばぁちゃん』で「うらぶれ感」を狙いつつ、ROCAには「ガンガンやってくれ!」ですから。難しい。

 「(笑)いしい商店」は「ニコマン」です。大みみずの方はタバコの箱、アナコンダの方は自販機で、さらにゴミ箱がないので缶が横に捨てられている、というわけですね。確かにわかりにくい! 大みみず、そうなんですよ。でっかいみみずには白く節のようになっているところがあるんですよ! ギョッとする時もありますが、畑を耕してくれているのだから邪魔をしないように気をつけなければなりません。

 

 このところ『ガラクタの世紀』のご注文がまた増えています。ご注文ありがとうございます。地球環境をこれ以上悪化させないために何をするか考えないといけない時に、本当にガラクタの世紀になってしまって。岡山県南部には竜巻注意報だって出てるし。

 

2024年4月9日(火)

 日曜日は曇り空ながらあちこちで桜が満開でした。昨日の雨で散ってしまったかと思いましたが意外と残っています。

 

 「(笑)いしい商店」は3コマの「スクラップスチック」です。「こんな写真しかない」にしてもほどがある!な写真で。週めくりカレンダー、これを聞いたタブチ先生は花粉症の赤い目をして「ちょとちょっと藤原先生」と弱々しく抗議したことでしょう。昔は色んな先生がいましたね。どう見てもアル中の日本史の先生、田中角栄そっくりの国語の先生、数学が好きでたまらない女性の先生、エコひいき丸出しの英語の先生……。世の中、色んなヒトがいるという教育の場でした。今思えば。何だかんだ言いながら藤原先生もタブチ先生を信頼してるんですね。

 

2024年4月2日(火)

 昨日、地元紙の山陽新聞8ページの文化欄で『たまのののののちゃん』を取り上げていただけました! 記事の最後に「舌をかみそうな表題」と書かれているのを読んで「そんなことないのに」と思っていましたが、今日ファンの方から電話で問い合わせがあり「あ、『たまのののののちゃん』ですね?」と言った時、確かに舌がうまく動きませんでした。そう言えば普段『たまのの』と省略していたような気がします。この記事は先生のお詫びのコメントで終わっているんです。

 

 いしいひさいち著「剽窃新潮」の『小説新潮』4月号です。欄外で『たまのの』の紹介をしていただいてます。「朝日新聞バージョンとはひと味違います」ということで、ちょっと違うののちゃん、1冊いかがでしょうか? 作品の安田くんの「プチ」はきっと間髪入れず、だったことでしょう。藤原先生、ワイヤレスイヤホンしてるんですね!「(笑)いしい商店」は「スクラップスチック」です。「落ちてた」のが……! 週めくりカレンダー、モズとつながるとは!

 

 明日は大雨の予報です。咲き始めた桜はどうなりますか。岡山でさえ、外国人観光客が増えている感じです。

 

2024年3月26日(火)

 毎日よく降りました。それでも少しずつ春には近づいている感じはあります。小学生も春休みですね。

 

 今日の「(笑)いしい商店」の新着は「ニコマン」です。「スコーン!」って、ずっこけた音でもあるってことに気づいて「おおっ!」です。

 

 二階氏、まだ出るつもりだったんですね。年齢のことを言われてムキになっておられましたが、それだけ気にされていたということでしょうか。「おばあちゃん」という名で芸人をされている77歳の女性のことがテレビで紹介されていました。芸歴5年。年金でやりくりしているとのことでしたが、「やりたかったことにこの歳だから挑戦できる」とおっしゃってました。二階氏のやりたかったこと、他にないのでしょうかね?

 

2024年3月19日(火)

 スタジオジブリ発行の『熱風』3月号、先週の水曜日に届きました。「ナンセンス・ドライ」タイトル下の「ジョージ・クルーニー似。」は似てますが、なんでジョージ・クルーニー? 作品No.1のキムチを入れる時の表情が良いのですよねぇ。

  「(笑)いしい商店」は忍者無芸帖です。それを確かめたところで……なことに全力疾走しているのが。

 

 岡山でも最近は強風がよく吹きます。昨日は各地で火事が発生したようですが、きっかけが何だったのか知りたいところです。住宅で焚き火でもあるまいし、庭木が擦れて火事になったということがあったりするのかと。近年の気候を考えれば兵器の共同開発をしたり戦争をしている場合ではないのに。共同開発といえば既にどんどん歯止めを外してるくせに今さら「歯止めを設定」して効き目があるとは思えません。

 『熱風』の袴田ひで子さんのインタビュー記事、疑わしい「証拠」のせいで50年近くも闘い続け、それでも「100年でも闘えばいい」と思えるなんて。

 

2024年3月12日(火)

 久しぶりのイベント参加でした! 3月にしては寒い2日間でしたが、大勢のお客さんで賑わいました。あきづ文庫「(笑)いしい商店 岡山支店」部門にもたくさんご来店くださり、ご購入いただきました。ありがとうございました! また、会場では表示しておりましたが、いしい先生の古本の売り上げは全額「ひさいち から 被災地 へ」ということで石川県への災害義援金とさせていただきました。別途寄付してくださったファンもおられ、あきづ文庫からもわずかではありますが加算して送りました。楽しく嬉しい2日間でした! 本当にありがとうございました!

 イベント「おかやま文芸小学校」報告(とりあえず写真のみですが)は こちら から

 

2024年3月5日(火)

 いしいひさいち「剽窃新潮」の『小説新潮』3月号です。生成AIがとんでもないことになっていて「ランダムにスランプ設定」もチョチョイとできてしまうのではないかと。「BS世界のドキュメンタリー『私は”生きている” 進化する人型ロボット』」には驚きました。

「(笑)いしい商店」は「ニコマン」です。…… あ、そうか、ヒモがあれば揺れたらわかるってことですね! しょーがねーな。週めくりカレンダー、こちらも「しょーがねーな」って 感じで。

 今日の本家「ののちゃん」のてつが、ひなことは絡まずに登場し、とりあえず元気そうでした。

 

 今週末開催の「おかやま文芸小学校」では『たまのののののちゃん』はもちろん、『まぁ映画な、岡山じゃ県』シリーズ、『ガラクタの世紀』『ROCA』『花の雨』に加え、ほ〜んの少しですが『ドーナツボックス』も一部巻販売します!『ROCA』は初版本も少数あります。また、その他のいしい先生著の既刊本を古本として展示販売します。いしいワールドにどっぷり浸れる2日間!

 

2024年2月27日(火)

 2月25日(日)に開催された東京コミティアでは『たまのののののちゃん』もたくさんご購入いただいたとのこと。本当にありがとうございました! 書店でご予約いただいたファンの皆様にもあと一週間程度(配送の関係で多少前後することがあるそうです)でお手元に届く、または書店から連絡があるかと思います。丸善岡山シンフォニービル店では、売り切れない限り平積みしていただけるようです。

 

 「おかやま 文学フェスティバル」の「おかやま 文芸小学校」に参加する準備をしています。意外とスペースをいただけそうだということが今日わかりました!「こんなにスゴイ! いしいひさいち」で行きます!

 

 先週、2月14日(水)バレンタインデーの朝日新聞「ののちゃん」はショックでした。なんと、ひなこが6年生にチョコを「よろしくお願いします」って感じで渡していました。もしかして、てつが何かと言うと6年生に戦いを挑むのは、ひなこのそんな想いに薄々気が付いていたからなのかも。てつの背中は何を語っているのでしょうか?

 

2024年2月20日(火)

 「ののちゃんの街」観光PR展は盛況のうちに終了したそうで、お預けした近刊『たまのののののちゃん』のチラシも全部配っていただけたようです。ご注文につながりますように!

 25日(日)は東京ビックサイトでコミティアが開催され、「(笑)いしい商店」で一足先に『たまのののののちゃん』が販売されます。たくさんのご来場をお待ちします!一方、コミティアに行けないファンの皆様、先行販売お許しを! 取次の地方小さんから書店さんへの配送にどうしても日数がかかります。そもそも、さっさと準備できなかったあきづ文庫に責任があります。

 あきづ文庫「(笑)いしい商店 岡山支店」部門は「おかやま文学フェスティバル」のうち、3月9日と10日に開催される「おかやま文芸小学校」に参加します! スペースの関係上、持って行ける著書は限られますが(何しろたくさんありますから)「そうそ、これも面白いんだよねー」と、立ち読みしていただけるような感じにできればと思っています。

 

『熱風』2月号です。「忍者無芸帖」のNo.1は長編です。最初の4コマまででも笑いますが、それで終わらず次々と!「の」繋がりですね! No.3は「ん?」ということで、『まぁ映画な、岡山じゃ県』もよろしくお願いします!

 「(笑)いしい商店」新着は「スクラップスチック」で……どういうこと? 明日からまた寒くなるそうで、26日は雪になるでしょうか。 週めくりカレンダーは、タブチ先生がもう既にコケている足の勢い!

 

2024年2月13日(火)

 今週末は東京のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で玉野市観光協会プレゼンツ・おかやま”たまの”「ののちゃんの街」観光PR展 が開催されます。朝日新聞『ののちゃん』の原画展示があったり、月めくりの「ののちゃんカレンダー2024」も、「先着順の限定アリ」ですがプレゼントされるようです。さらに、普段なら許可されない近刊『たまのののののちゃん』のチラシも特別に置いていただけるということで、期間限定の配布になります。より多くの方々の目に止まりますように! そこで、玉野市情報です。玉野市には国内最大規模の蓄電池工場が建設され、量産が今年開始される予定だそうです。再生可能エネルギーを無駄にしないために、利用しやすい蓄電池が望まれるところです。工場見学もできる設計になっているとのことですよ。JR備前田井駅からバスで行けたりするんでしょうかね?

 

「剽窃新潮」が連載されている『小説新潮』2月号です。執念のヒロオカ先生、そう来るか。週めくりカレンダーは、ちょっと大きい太めの字の「あ、どーも」に一滴の汗。これが語ってるんですね。インパクトのある名刺……名刺持ってるんだ! 「(笑)いしい商店」は「スクラップスチック」です。局長がするべき「研修」とは? 大変ですね。

 

 4年振りにトップの本の画像を更新しました!『たまのののののちゃん』ページも作ろうとしているのですが、考えがまとまりません。やりたいことに技術がついて来ない問題もありまして……。

 

2024年2月6日(火)

 「(笑)いしい商店」は「スクラップスチック」です。この「監督」というのはもしやフランク・バイヤーっぽい人? 世の中、昔より良くなったこともありますが、全体的に見るとヤバい方向に進んでいるような気がしてなりません。先日、録画して見たNHKの番組で、遺伝子組み換え研究の第一人者という人が「宇宙に第二、第三の地球を作るのが最終目的だ」と言ってました。今週の週めくりカレンダー、いいなぁ! 返しの「ポチ?」がドンピシャ!です。

 

 昨日、印刷所からの『たまのののののちゃん』の校正原稿を返送し、通常なら今日印刷所に届くはずなのですが、雪の影響で遅れているようです。修正は2点のみだったので、1日遅れても大丈夫なのではないかと思います。明日には届きますように。岡山も寒く、雪雲のような雲が湧いていましたが雪は降りませんでした。

 チラシをプリントパックで作りました。納品は「4営業日」後にしたのですが、それより早く届きました。スゴイ! 鳥取と岡山のアンテナショップ「ももてなし 新橋館」にて2月17日、18日に開催される「おかやま”たまの”『ののちゃんの街』観光PR展」でチラシを配布していただけることになりました。本自体はなかなか全国の書店で「平積み」にしていただけませんので、ご面倒ですが書店でご予約・ご注文ください。どうぞよろしくお願いいたします。〈 拡大チラシを見る

 

2024年1月30日(火)

 はーっ! 昨晩『たまのののののちゃん』をどうにかこうにか入稿しました。印刷所からの校正待ちです。見落としや勘違いがないかという不安がなくなることはありませんが、どこかでケリをつけるしかありません。作品の面白さがよりストレートに伝わる本になっていますように。

 「(笑)いしい商店」の「スクラップスチック」。プロクルステスとは? ってことで早速検索しました。ギリシャ神話もエグいですね。でもこの忠告してくれている老人は何者なのか? カレンダーはロカと美乃。相変わらずの二人ですね。

 

 今日は寒さが少し緩みました。来週にかけて春を思わせる日もありそうだということで、被災された方々の気持ちが少しでも楽になれば良いのですが。

 中東ではまたしても悲惨な事態になっています。経済もですが、やっぱりどんな教育をするかということが重要なんですね。国も会社もヒトが作るわけで、「国」の「教育」に騙されないようにしないと。

 

2024年1月23日(火)

 『2024年 やまだ家 週めくりカレンダー』今週はとってもかわいいまつ子さん! おはぎかなぁ? 食べたい! 「(笑)いしい商店」はスクラップスチックです。昔はロードショーなんて、映画館の前で何時間も並んで見たものでしたが……。これは何の映画でしょうね。

 

 3月3日頃発行予定、いしいひさいち著『たまのののののちゃん』入稿日に向けて、何度目かの「最後の」チェックをしています。今日になって「おや?」という箇所を見つけてしまいました。何でもっと早く気付けないのか腹立たしいですが、印刷前で良かったと思いましょう。最後まで気を抜いてはいけませんね。

 

 冷たい風が吹き、とても寒い1日でした。阪神淡路大震災時も寒かったですが、能登半島はそれどころではなさそうです。大雪や猛吹雪だなんて、もういい加減にして欲しいです。

 

2024年1月16日(火)

『熱風』1月号、今日やっと届きました。新年を飾るいしいひさいち著「ナンセンスドライ」は驚きのレイアウトです! 3コマ7作品をこのように配置されるとは。 3コマでもしっかり状況がわかってオチで笑える。やっぱりすごいですね。「(笑)いしい商店」、こちらは「ニコマン」です。これは確かに怖い。たまーにありますが。週めくりカレンダー……なるほど、藤原先生ですからネ。

 

 いやぁ、焦りました! あきづ文庫としては久しぶりの出版ですので、ISBNの登録がちゃんとできるか試しに入力し、「情報解除日」をいつにするか決めないまま登録したらすぐに情報が「解除」されたようで、しかも『たまのののののちゃん』が『たまののののちゃん』になっている との情報がもたらされ、血の気が引きました。

 というわけで、HPでの発表の方が後になってしまい申し訳ありません。

 『たまのののののちゃん』3月1日頃(地域や書店によっては多少早まったり遅くなったりするそうです)に発売予定です。ネットではもう予約ができるところもあるようですが、取次が「地方・小出版流通センター」ですので、実書店ではほとんどの場合お客様からご注文があれば取り寄せてもらえるということになります。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。価格は1,100円+税です。諸般の事情により『ROCA』より高くなってしまいますがご容赦ください。詳しくは随時当HPでご案内します。

 

2024年1月9日(火)

 今週のカレンダーも「(笑)いしい商店」の「スクラップスチック」も、いつもながら、どこから出てくるこの発想! ですね。脳への刺激になります。

 

 一週間経っても被害の全容がわからず、今でも水不足でトイレに困っているとか。災害時のトイレは気になっていて、一応、緊急簡易トイレのセットは1セットだけ買ったもののこれでは足りるはずもなく。水がなくてもおが屑か何かを利用して悪臭を放たないトイレというのをテレビで見たように思うのですが、緊急対策として広がらない理由は何でしょう。寒さ、お風呂に入れなかったり歯磨きさえできない不快さ、いつまで?という不安。阪神淡路の時よりは良くなっていることは多々あるのだと思いますが、高度経済成長期以前の生活の中に参考にできることがあるかもしれません。

 

2024年1月2日(火)

 何とも残酷な年明けになってしまいました。なかなか被害状況の報道がされない中、震度7となるとただ事ではすまないだろうと思っていました。「天災は忘れた頃にやって来る」はずでしたが、近年は忘れる間もありません。地震発生時、かなり揺れているのに固まってしまっている人々が写っている映像がありました。阪神淡路大震災の時、様々な情報が流れる中「今後、少しでも揺れたら訓練だと思って、取るべき行動を取りなさい。でないとイザという時動けませんよ」と専門家が言ってました。以来、少しでも揺れたら頭をガードしつつ、脱出口の確保を心掛けています。脱出口まで行くことなく揺れが収まることが多いですが。

 そして今日は羽田空港の事故です。海保機は新潟に支援物資を届けようとしていたということで、ますますやるせない。

 

 それでも時は流れます。去年は12月31日が日曜日だったので、なかなか2024年週めくりカレンダーを開けられませんでした。たかしさん、もうヤケクソって感じですね。「せこい」って言われたからかな? 「(笑)いしい商店」はスクラップスチックです。いずれにせよ「ボケ」 は隠せない。現実は厳し〜ぃ。

 

 

 

 

 

- - - 〈 備忘録 〉- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2023年1月17日(火)まで連載を掲載していました。

いしいひさいち著「たまのののののちゃんじゃけん」

あきづ文庫HPで連載中!〈2021年1月12日連載開始〉

ほぼ毎週火曜夜更新します。

岡山県玉野市広報誌連載分とHP「ののちゃんち」掲載分の他、若干の未発表、描き下ろしの作品も含まれます。

 

たまのののののちゃんじゃけん 

2023年1月3日(火)

「たまののののちゃんじゃけん」とりあえずの最終回。 3作品アップしてます!

 

 

 

 

 

 

 

p.1 を読む         p.2 を読む         p.3 を読む

©2023 Ishii Hisaichi / All Rights Reserved

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

* 画・いしいひさいち、文・世良利和の

『まぁ映画な、岡山じゃ県 3 & 下津井平次捕物帖』

好評発売中!

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - -

* いしいひさいち著『ガラクタの世紀』 ネット販売中!

 いしいひさいち著『ガラクタの世紀』(全単行本未収録!)は期間限定なしでご注文承っております。

 お申し込み方法は こちら をご覧ください。ご注文お待ちしています! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)

所在地:岡山県赤磐市

E-mail:akiz*akiz-bunko.com(*は@にしてください)

出版社記号:904789

取次:地方・小出版流通センター