akiz

蜻文庫ホーム いしいひさいち&世良利和の『まぁ映画な、岡山じゃ県2』2016年8月より絶賛発売中!

更新日:2017年5月9日(ほぼ毎週火曜夜更新します) 

 

《TOPICS》

* いしいひさいち新刊本『ドーナツ・ボックス1.』 *special*

 完売御礼!

たった今(2017年5月7日午前7:29)、完売しました! 受付終了とさせていただきます。ありがとうございました!(取り急ぎ)

 

 

* 2017年5月23日(火)new

 イギリスの厳しいテロ対策についての報道を目にしたことがありましたが、どんなに厳しくしても防ぐことはできなかった。もちろん、未然に防げたのもあるようですが。「共謀罪」がどんなことになるのか、心配です。

 

 小説新潮の6月号にいしいセンセの新作が掲載されているようですよ!(笑)いしい商店へ

 

 放任のイチゴ、今年も実をつけてくれました。できればワラとか籾殻を下に敷き詰めたいところですが、ワラや籾殻をホームセンターで「買う」というのは何か違う気がして。

 

 明日か明後日には『まぁ映画な、岡山じゃ県 リターンズ』が山陽新聞に掲載されるはずです。

 

 

* 2017年5月16日(火)

 『熱風』届きました。あれこれややこしい状況で、不安が煽られる昨今。いしい作品をもっと読んで気を確かにしたいものです。

 

 北朝鮮がそんなに次々ミサイルを発射できるとは、その資金はどうしているのかと思っていましたが、ネットを使って色々なことをやっているんですね。それにしても日本の大手企業も被害を受けたというのはどういうことでしょう。

 

 瀬戸内海の神島に、昭和三十年代に建てられた映画館が人知れず残っていました。偶然の出会いが重なって、調査初日に見学させていただくことができました。有難いです。

 

 

* 2017年5月9日(火)

 5月7日、日付が変わるやご注文をいただきまして、呑気に朝普通に起きて「さて、ご注文動向や如何?」とメールを開くや、あれよあれよと言う間に完売となりました。本当にありがとうございました。と同時に、お断りせざるを得なかったファンの皆様、大変申し訳ありませんでした。予め、冊数に限りがあることをHPに記載することも考えたのですが、そうすると転売目的のご注文がたくさん来るかも、と思いました。いしいワールドを純粋に楽しみたいファンの方に買っていただきたく…。『ドーナツボックス2.』も既に準備中とのことです(「(笑)いしい商店」へ。添えられたカットがまたイイ!)。こちらへのご期待を願いつつ…どうかご容赦ください。

 

 …何部刷るか、というのは結構難しい問題です。

 

 ご報告が遅くなりましたが、『まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ』4月は27日の掲載でした(山陽新聞)。ちょっと際どい感じの4コマですが、山陽新聞さんも案外肝っ玉!

って失礼しました!

 

 

 

 

* 2017年5月2日(火)

 巷ではとっくに店頭に並んでいるイチゴですが、ウチの露地イチゴはこれからです。枯れた葉を取り除くほかは放ったらかしなのに毎年たくさん実をつけてくれます。今年は欲を出して、少しでも実を大きくするべく、ちょっと間引いてみました。貧乏性なので中途半端な間引きになってしまいましたが。

 

 

 さてさて、お待ちかね! いしい先生の新刊『ドーナツ・ボックス1』が出来上がりました! ネット販売は「コミティア120」後に受付を開始させていただきます。作品の際どい内容は…などと野暮な情報は流しません。乞うご期待!

 

 連休の谷間、良いお天気でした。私たちは 「島と海の映画史」 調査のスタートとして、岡山県最南端の六島へ行ってきました。近い内に備忘録代わりに写真などをアップしようと思います。

 

 

* 2017年4月25日(火)

 いしいセンセの新刊『ドーナツ・ボックス1』が遂に刊行されます! 『(笑)いしい商店』の「解題」によりますと際どい内容の作品も含まれているようで、期待が膨らみます。

 『(笑)いしい商店』で「ネット販売は蜻文庫が」との掲載直後からお問い合わせやご注文のメール、ファックスをいただいておりますが、受付は5月7日から、ということでご了承ください。あきづにとりましても、今年のGWのフィナーレを飾る一大イベントです!

 「コミティア120」への参加情報と共に、新着2コマまんがも3作品掲載されていますよ。

 

 

* 2017年4月18日(火)

 沖縄の友達がくれた白いタンポポの苗が、しっかり根付いてくれました。妙に寒かったり暖かかったりする4月ですが、きれいに咲きました。ありがたいことです。

 

 共謀罪って、まさか、沖縄での効果を狙っている…なーんてことはないでしょうね。

 どの国も同じような問題を抱えていて、政治家は同じようなことを言っています。イギリスには結構責任があると思うのですが…。

 

 

* 2017年4月11日(火)

 『熱風』4月号届きました。いしいセンセ4コマのタイムリーな時事ネタあります! 今回も傑作!

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日の桜です。寒く、あいにくの曇り空で人出もなかったですが、桜はそんなことは関係なく咲き誇っていました。

 

 

 

 

 

* 2017年4月4日(火)

「まぁ映画な、岡山じゃ県リターンズ」、3月は28日の日曜日の山陽新聞に掲載されました。 日曜日の掲載もアリだったとは不覚でした! 映画は『魔女の宅急便』のナント実写版! 西大寺でロケがあったのだとか。…にしても、ジブリのあのアニメがありながらなぜ「実写版を」という話になったのか。その疑問を払拭してくれるような作品なら良かったのですが…。いしい先生4コマ目のキキをお楽しみに!

 

 いしいひさいち先生の公式ホームページ「(笑)いしい商店」に新作がアップされています! 3月31日付です。その前は3月16日にアップされていたのでこんなに早く更新されるとは…油断しておりました。東京在住のMさん、情報をありがとうございました! のぼるくんの試験ネタと将棋ネタが載っています。ちょうど今日、史上最年少プロ棋士による連勝記録更新がニュースになりました。

 

 驚いたことに4月です。寒いと思っていましたが、今日見たら後楽園の周辺でも部分的に桜が咲いていました。明日からは「曇り」という予報が続いていますが、今週末は賑わうことでしょう。

 

 なんで今更教育勅語なんだ!?

 

 

* 2017年3月28日(火)

 なんだかんだ言ってもやっぱり春です。まだ小さいですが、土筆が出ていました。去年は卵とじにして大変おいしかったので、今年も楽しみにしています。土筆を茹でると水がきれいな緑になります。何か使い道がないものでしょうか。

 

 『ラ・ラ・ランド』観ました。ミュージカル好きの人にはあまり評判が良くないようですが、私は楽しめました。映画が終わって場内が明るくなると、後ろの席にいた女子が「ラストが気に入らん」とボソリと友達に言っていました。ふふふ。若いねー。でも…セブもミアも若くして夢は叶えたんですよねー…。『セッション』ほどの衝撃はなかったし、音楽も耳に残っていないし、タップの場面ももうちょっとしっかり欲しかったですが、主演の二人は良い味を出していたように思います。

 

 

* 2017年3月21日(火)

  いしいひさいちセンセのHP「(笑)いしい商店」に、3月16日付で新着4作品がアップされています! 二カ月少々ぶりです。タブチくんファミリーとバイトくんがグダグダやっててクスッと笑い。

 

 「暑さ寒さも彼岸まで」のはずですが、今日も寒かったです。さすがに真冬の寒さではないですが、片付けるつもりで洗った防寒着を再登場させたくなくて、残したフリースを着たきり雀です。浮浪者臭がしてるかも。

 

 あの人もこの人も責任逃れ。稼がなくていい公務員が希望職業先の第1位だなんて、経済成長はおろか、「経済大国」は束の間の夢だった、てなことになりそう。でも、それも良いのかも。『未来食堂』や『魂の退社』を読むと、大企業に勤めたのにしがみつくことなく、覚悟を持って生きる女性が眩しいです。

 

 

* 2017年3月14日(火)

 『熱風』3月号です。いしいひさいち先生の「ガラクタWAR」の第6回は、もしかして締め切りギリギリの作品だったのかも、というようなタイムリーな出来事を思わせるネタです。いいなー! 絵から見える「間」が何とも言えません!

 

 先週末は長年の友人に誘われて、播州赤穂の温泉に日帰りで行ってきました。何かの花粉アレルギーと思われる肌荒れでザラザラしていたのですが、温泉に浸かった後、久し振りにスベスベになりました。温泉の「適応症」に「慢性皮膚病」とあるものの「どうせ…」と疑っていたことが申し訳ない。やっぱり温泉ってすごいのですね。今はまた元どおりで薬を塗っています。温泉の近くに住みたいものです。

 

 

* 2017年3月7日(火)

 冷たい強風が吹き荒れた一日でした。

 

 今朝の「在日米軍がターゲット」とはっきり言ったというニュースが気になります。しかも安倍にトランプというこのタイミングで。いえ、このタイミングだからこそなのでしょうか。教育勅語の暗唱やあの「選手宣誓」への違和感が報道の中にあまり感じられなかったことがさらに気がかりです。

 

 今週末は3.11です。誰の命も自然の前では本当に頼りないものなのだということを改めて思います。

 

 

* 2017年2月28日(火)

  森友学園問題、「前例がない」を理由に断ることを常とするお役人がこんなことをするとは怪し過ぎです。資料も廃棄したとはますます怪しい!でも、どうにもならないのでしょうか。

 

  『武器輸出と日本企業』によれば、やはり自立型無人戦闘機の開発が急がれているようです。トランプが軍事費を増額すると言っているらしいし、いずれ、「窓の外を見ていたら無人戦闘機が近づいてきていきなり撃たれる」なんてことになったりするのかも。昔見たあれやこれやのSF映画が現実味を帯びてきます。

 

 「(笑)いしい商店」に1月10日以来「新着」がありません。待たれるところです。

 

 

* 2017年2月21日(火)

 山陽新聞で連載中の「まぁ映画な、岡山じゃ県リターンズ」 第5回は今日の掲載でした。映画は小津安二郎監督の『早春』です。三石の殺風景な風景が印象に残っていると思ったら、マンガの最初のコマ!この映画を初めて観たあの時代に一気に引き戻されました。クーッ!うまいなー!

 

 おでんの大根がとてもおいしく炊けて幸せ気分に浸っています。でも、確定申告の準備をしなければなりません。これが現実。トホホ。

 

 

* 2017年2月14日(火)

 『熱風』2月号届きました。今月号から表紙はジブリの最新作『レッドタートル』のマイケル監督が描かれるのだそうです。随分印象が変わりました。

 いしい先生の「ガラクタWAR」第5回です。おおっ?!ひょっとして…これは誤字? でも力作ぞろいです。タイトル下の何気ない1コマの緩さも良い。

 

 それにしても東芝はどうなるんでしょう? 原発がからんでくるというのに経産省の人のまったく他人事のようなコメントも気になります。 そして豊洲問題。石原氏も責任を認めた上で全て話して欲しいものです。

 

 

* 2017年2月7日(火)

 寒いとはいえ節分も過ぎ、日が長くなってきたのを実感しています。節分といえば、出先の近所の保育園で豆まきをしているらしい賑やかな声がしていたのですが「鬼は外、福は内」というセリフは結局聞こえてきませんでした。一方で新しく風習となった巻き寿司については、販売のノルマが課せられたりして現場の弱い立場の人が苦しんでいる場合もあるのだとか。

 

 中国の公害問題で当局と闘っている母親たちの報道に、日本の高度成長期を思い出しました。共産主義でも資本主義でも結局同じことになるんですね。

 

 

* 2017年1月31日(火)

 たまのの市の ののちゃんカレンダー 届きました!二カ月ごとに4コマ1作品となっています。描き下ろしです。日めくりで欲しい!

 1月2月はたまのの温泉ネタです。実際の宇野港横にはリッチな温泉施設があり、見物に行った時にはとても賑わっていました。

 

 以前国会で「最高権力者が合憲だと言えば合憲になる。それは法治でなく人治です」と言った人がいましたが、トランプ大統領も同じようなことを言いかねない勢いです。あの話し方も何だか嫌な感じですが、いしい先生がもしトランプ氏を描かれたらきっと「人を憎まず」という気持ちでニュースを見ることができるようになるのでしょうけれど…。

 見たいなー、いしい先生のトランプ大統領。

 

 

* 2017年1月24日(火)

 月1回山陽新聞掲載の「まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ」、今月は先週の金曜日でした! 主題は長門勇主演の『いも侍』です。「三匹の侍」で岡山弁を全国区にした長門勇ですが、映画ではモテモテの役だったそうな。あの容貌で殺陣の名手だったということで、だからこそ二刀流蟹歩きができたのか。4コマ漫画の長門勇がこれまたいい味を出しています! 「方言 観光課」って…!!

 

 寒いです!

 

 

* 2017年1月17日(火)

 週末から寒さが続いています。あれからもう22年も経つわけですが、その後も大震災続きですから忘れることはありません。とはいえ、防災グッズは揃いませんが…。

 阪神淡路で学んだことがその後生かされているということが救いです。

 

 

* 2017年1月10日(火)

 いしいひさいちセンセの公式ホームページ「(笑)いしい商店」に新着2本アップされています。傑作です! 指差す機動隊員の笑顔! バイトくんのしたり顏! もっと読みたい!

 

 先週火曜日は正月3日でしたので更新をお休みさせていただき、今日が新年最初の更新です。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 『熱風』の1月号が届きました。「ガラクタWAR」タイトル下のセリフも含め、ブラックさが効いた初笑いです。いつぞやの首相の答弁ですなー。

 橋口亮輔氏のロングインタビューが掲載されています。「なんで今、メディアや報道も含めて、たかだか匿名のクレーム1本で折れてしまうんですか」ということです。テレビCMの場合は予期せぬときに現れるので微妙ですが、番組自体や映画なら「見ない」という選択もできるわけですからね。「映画が傷つく」という言い訳は、確かに言い訳になっていないのかもしれません。しかもまだどこからもクレームが来ていない自己規制が蔓延しているわけで。でも、現場の一人一人はサラリーマンだから、難しいところです。誰もが意見表明がしやすくなった結果、窮屈なことになっているのは間違いありません。

 

 いい加減、ガラケーからスマホにしようかとショップへ行ってみましたが、まだ値段ほどの利便性を感じられないので先送りにしました。取り残され感がひしひしと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)

所在地:700-0822 岡山市北区表町 1-4-64 上之町ビル4F

E-mail:akiz*akiz-bunko.com(*は@にしてください)

出版社記号:904789

取次:地方・小出版流通センター